写真測量・外壁診断・ソフトウェア販売

1億画素の超高解像度
カメラでインフラ点検

メモリのイラスト

超高解像度カメラ

弊社の保有するPhase One iXM-100は1億画素の超高解像度カメラで、点検作業において、対象物から安全な距離を保ちつつ高解像度・高詳細な画像を取得できます。ドローン(UAV)と組み合わせることで画像計測の低コスト化・省力化を図ることができます。

paseone
paseone_1

外壁の細かなクラック

paseone_2

15mの距離から撮影

モデリングソフトと
組み合わせて
高詳細な3Dモデルの作成可能

メモリのイラスト

ContextCaptureを使用すると、単純な写真数枚から非常に複雑な3Dモデルを簡単に生成でき、
さまざまな地形や構造物を3Dモデル化することができます。

複数枚の確度が異なる写真から

詳細な3Dモデルを作成

3Dモデル作成ソフトウェアの
販売も行っています

小林コンサルタントはContext Captureを開発したBentley社(アメリカ)のチャネルパートナー (販売代理店) です。

これまで同業の測量会社や建設会社様にContext Captureの導入実績があります。

使い方などのサポートも充実しておりますので、ソフトウェア導入を検討している企業様はぜひお問い合わせください。

ContextCapture_Images

外壁診断でひび割れの計測

メモリのイラスト

kumonosu_1

KUMONOS(ひび割れ計測システム)

KUMONOSはコンクリート構造物、壁面等のクラックの幅、形状を安全に正確に計測できる機材です。
100m先の0.4mmの幅も測定でき、計測データから2D・3Dの図面をPC上に作成します。
離れた所から計測できるので、足場や高所作業車も不要となり、よりスピーディーに計測が行えます。

計測状況

kumonosu_2

接眼レンズを覗いたイメージ

kumonosu_2

ひび割れにスケールを合わせます

3次元測量・i-Construction導入のことなら
小林コンサルタントにお気軽にお問い合わせください
電話アイコン
0265-27-5250
(受付時間:平日8:00〜17:00)
TOPへ戻る