i-Constructionの導入支援

i-Constructionとは?

メモリのイラスト

3dデータ

2016年から取り組みが開始されたi-Constructionは、測量から設計、施工、検査、維持管理に至る全ての事業プロセスで3次元データやICT(情報通信技術)などを活用し、2025年までに建設工事現場の生産性を向上させることを目的としています。

小林コンサルタントではICTアドバイザー認定を取得しております。またITアドバイザーの認定を持つ測量とのプロも在籍しておりますので調査・測量・計画から、設計、施工・検査・報告、維持管理に至るまで、最新の測量技術を取り入れながらi-Construction導入をサポート可能です。

ITアドバイザー認定

セミナーにてi-Construction活用事例を紹介したり、派遣要請を受けて現場のICT導入を支援しています。

ICTアドバイザー認定書

i-Construction導入の効果

メモリのイラスト

i-Constructionの導入で、これまでより少ない人数、少ない工事日数で同じ工事量を実施できます。
当社では最先端の技術で起工測量、丁張設置、TS出来形管理、完成図作成、道路施設台帳作成、墨出し、
3Dモデル作成などを行い、現場の作業効率化を支援させていただいております。

人員 (men)
↓Down
空中写真測量
省人化

工事日数(term)
↓Down
空中写真測量
工事日数削減
(休日拡大)

1人当たりの生産性(work)
↑Up
空中写真測量
現場全体の生産性向上

BIM/CIMモデルを作成します

BIM/CIMは3次元データによる業務管理で作業のミスや手戻りを減らし、生産性向上を目指すもので、
i-Construction導入には欠かせない取り組みです。
業界ではまだまだ2次元図面による発注が主流ですが、
施工段階でBIM/CIMに取り組み、2次元図面からの3次元モデル作成が今後の主流になると見込まれています。

当社では、「何から始めたらいいかわからない」というクライアント様にBIM/CIMモデルの作成を支援しています。

BIM/CIMモデル活用でできること

数量算出による作業時間の削減
数量算出

3Dモデルを可視化することで、受発注者間の合意形成が容易。数量算出により作業の迅速化および精度の向上。

重機の可動範囲や安全走行ルートの確認
重機のルート確認

CIMモデルの活用により、重機の侵入経路など現場の説明時間が短縮。

地元説明会や社員教育に
住民説明会

CIMモデルでの管理により現場を可視化することができるため、説明会や社員教育を容易に実施。

i-Construction導入の流れ

メモリのイラスト

  • ・i-Constructionを導入したいけど何から手を付けてよいかわからない
  • ・アプローチの仕方が分からない
  • ・役所とのやり取りをサポートしてほしい

といった相談を数多くいただきます。
i-Construction導入にお悩みの方向けに、導入な流れについて説明いたします。

書類作成サポート

入札時の公告文や道路施設台帳など、
書類作成をサポートいたします。

3次元測量

豊富な3次元測量技術から
現場に合った計測方法をご提案します。

地上型レーザースキャナー
地上型
レーザースキャナー

移動計測車両
移動計測車両

手押型計測システム
手押型
計測システム

ハンドベル型レーザースキャナー
ハンドベル型
レーザースキャナー

Hovermap
Hovermap

マルチビーム(水中音波測定)
マルチビーム
(水中音波測定)

ドローン(UAV)測量
ドローン(UAV)測量

3次元
設計データを作成

設計図書から3次元設計データを作成します。

3Dmodeling
3Dmodeling

xmlのアイコン

土量計算

起工測量点群データと3次元設計データから、
土量(切土量・盛土量)を検索します。

mud_volume-data
mud_volume-data_2

mud-volume-compute

施工

必要に応じて工事途中経過の測量も行います。

surveying

出来形管理

起工測量点群データと3次元設計データから、土量(切土量・盛土量)を検索します。

出来形計測

3次元測量により出来形を計測します

地上型レーザースキャナー

移動計測車両

手押型計測システム

ドローン(UAV)測量

出来形評価

規格値に対する、出来形点群データと
3次元データの差異を評価します。

i-con_document

出来形評価
  • ・評価結果を出来形管理図表(Excel、PDF)及び
    各種3次元データのビューアーに出力します
  • ・「ICON」フォルダに電子成果品を格納しご提出します。

i-Construction導入実績

メモリのイラスト

これまでに100件以上の企業様に
i-Constructionの導入サポートを行ってきました。

例)
長野県内 建設会社 様

導入前の課題
立入りが困難な河川中洲の現況測量を行いたい。

導入後
UAV搭載型レーザースキャナーによる現況測量を導入したところ準備期間を待たずに施工範囲全体の把握が可能に。人員コストと時間の短縮になり生産性が増した。

【採用したシステム】
UAV搭載型レーザースキャナー

i-Construction導入コストについて

メモリのイラスト

i-Constructionの導入は現場や規模感によって費用が大きく変動します。
詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。

3次元測量・i-Construction導入のことなら
小林コンサルタントにお気軽にお問い合わせください
電話アイコン
0265-27-5250
(受付時間:平日8:00〜17:00)
TOPへ戻る