ドローン(UAV)測量

ドローン測量の活用で工期短縮

メモリのイラスト

小林コンサルタントはドローン測量がまだまだ黎明期だった2010年から技術を導入しております。
長年培ってきたドローン測量実績と、最先端な測量技術で現場をサポートし、工期の短縮に貢献いたします。

ドローン(UAV)による空中写真測量

メモリのイラスト

空中写真測量
空中写真測量

標定点設置不要、生産性と精度の向上を実現

小林コンサルタントでは自動追尾トータルステーション(TSトラッキングUAS)を導入しており、
直接カメラ位置を計測することで、標定点を設置する必要がありません。
また、撮影中は常にカメラ位置を計測しているため安定した精度を得られます。
従来のUVA測量と比べ、大幅な生産性向上と精度の安定化を実現します。

多数の標定点が必要。

標定点は必要なし。

ドローン(UAV)空中写真測量の活用例
  • ・災害調査、遺跡調査
  • ・日々の土量計測
  • ・急傾斜地などの標定点設置のための立ち入りが難しい現場
  • ・I-construction対応の起工測量・出来高観測・出来形観測に

ドローン(UAV)搭載型
レーザースキャナー

メモリのイラスト

上空から広範囲の3次元点群データを取得

ドローン(UAV)にレーザースキャナーを搭載し、短時間で上空から広範囲の3次元点群データを取得できます。
地上型レーザースキャナーやMMSでは計測不可能な場所、山林など空中写真測量が適さない現場を測量できます。

ドローン(UAV)搭載型レーザースキャナー
drone_date

ドローン(UAV)搭載型レーザースキャナーの活用例
  • ・伐採前の地形測量
  • ・山間部の測量
  • ・I-construction対応の起工測量・出来高観測・出来形観測に

ドローン(UAV)搭載型
グリーンレーザースキャナー

メモリのイラスト

ドローン(UAV)から陸部と水部を同時計測する

水中を透過する波長(532m)の特殊なグリーンレーザースキャナーを使用することで、
濡れた地面や河床など、水面下の地形が計測できます。

グリーンレーザースキャナーのドローン搭載は、
2019年に実用化された最新の技術です。

ドローン(UAV)搭載型グリーンレーザースキャナー

ドローン(UAV)搭載型グリーンレーザースキャナー

陸上と水底の地形を同時に3次元計測できます。
水質が良ければ水深13mまで測量可能です。

ドローン(UAV)搭載型グリーンレーザースキャナーの活用例
  • ・河川管理や港湾管理
  • ・船でのアプローチが難しく、計測できなかった砕波帯下の地形
  • ・サンゴ礁に特徴的な地形である縁脚縁溝系

ドローン測量コストについて

メモリのイラスト

ドローン測量は現場や規模感によって費用が大きく変動します。
詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。

3次元測量・i-Construction導入のことなら
小林コンサルタントにお気軽にお問い合わせください
電話アイコン
0265-27-5250
(受付時間:平日8:00〜17:00)
TOPへ戻る